オフィス家具を買って上手にレイアウト|わくわくWORK

会議

働きやすい職場

オフィス

起業の業績を向上させるために大切なのが、社員の生産効率を高めることです。従業員の生産効率を高めるために必要不可欠なのが、働きやすい職場環境を整えるということです。ストレス無く快適に働けて、機能性に富んでいるオフィスレイアウトをして従業員の生産効率を高めましょう。より効率良く働けるオフィスレイアウトにするために、オフィス家具や勤務を行なうスペースを行なう物理面を整えましょう。従業員が業務を行なうデスクスペースは狭すぎると業務効率に支障をきたし、広すぎるとオフィス内に従業員が入りきらなくなってしまいます。一人当たりのデスクスペースは、最低でも幅1000mm、奥行きは600mmは確保するようにしましょう。業務内容やそれぞれの抱えているタスクによっても適切なデスクスペースは変わってきますので、従業員からヒアリングを行なってデスクスペースを設定するのも良いでしょう。
従業員がストレス無く働けるオフィスレイアウトにしたいのであれば、オフィス全体の空白の部分を意図的に創出するということです。オフィスの中にあえて何も置かれていない空間を作ることによって、従業員が狭さや圧迫感を感じずにストレス無く働くことができます。オフィス全体のスペースに占める余白部分が70パーセントであれば狭さや圧迫感を感じずに働くことが出来ると言われています。この他にも、従業員が快適で効率よく働くために知っておきたいオフィスレイアウトのポイントは様々あります。不動産業者や専門の業者などに依頼して、オフィスレイアウトを決めてもらうというのも良いでしょう。